信頼こそが生徒を伸ばす
  呉青山中学・高等学校は、呉市内唯一の男女共学の中高一貫校として、 2000年4月に開校しました。 今では呉地域の小学生にとって選択肢の一つとして、一定の役割を果たしていると自負しております。
  本校の特色は何と言っても少人数教育による、きめ細かな中高一貫教育です。 呉青山には生徒が安心して、のびのびと学校生活を送れる環境であります。
  生徒アンケートでは毎年9割前後の生徒が「先生たちを信頼している」と答えます。 この高い信頼は、生徒たち自身に“自分たちは先生に信頼されている”と感じているからこそ生まれるものだと考えています。
  生徒たちは「青山ファミリー」という言葉を好んで使いますが、そのことは、生徒に自己有用感があり、 同時にクラスメイトや先輩の価値を認めることができている証だと思います。
呉青山が考える学力
  社会の急速な変化に対応し、新しい指導要領では「学力の3要素」を次のように示しています。
   @ 基礎的・基本的な知識・技能
   A 知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・
         判断力・表現力等
   B 学びに向かう力・人間性等

   本校では育てたい生徒像を、校訓である「創意実行」に当てはめ、「創意軸」「実行軸」の2つの軸で考えています。 「創意軸」とは自分を高め、学び続ける姿勢。「実行軸」とは自分とは違う他者と協働する姿勢です。



  本校では誰もがクラスの役割、行事の役割などを担わなくてはなりません。他人任せの傍観者になれないことは、 少人数教育のメリットの一つです。講演や特別授業で来校された方々が等しく、生徒の積極性に驚かれます。 少人数教育による、きめ細かな中高一貫教育で、生涯にわたる「学びに向かう姿勢」を育てていきたいと考えています。

 

 


Copyright ©2009 by Kure Aoyama Junior & Senior High School All rights reserved.